■ 入会案内
LASAへようこそ

LASAはレーザーディスプレイ産業の繁栄を担う目的で、1985年に設立されました。LASAは日本中のレーザーディスプレイの事業者の会費と、ボランティアによって運営される非営利団体です。1985年にレーザー安全運用ガイドラインを制定・施行し、関係各位に通達しました。その結果、LASA会員に限り「公文協加盟ホール」「ホール協会加盟ホール」でのレーザー上映が可能になりました。同時に、会員への安全通達を徹底し、現在に至るまでレーザーディスプレイによる事故は報告されていません。
LASAはLASA会員だけでなく、現在非会員である全てのレーザーディスプレイ業者をも含め、統一された「安全ガイドライン」「安全管理知識」などを共有することが重要であると考えます。また、「規格」や「用語」等も統一されることが望ましいと考えます。それにより、ホール側に対して「安全の信頼」を与えるだけでなく、我々の顧客であるユーザーに対しても、一貫した働きかけが可能になります。また、ハード・ソフトを通じて標準規格を定めることによって、ディスプレイ業者間相互の「互換性」を持たせることができます。
また、現在「安全講習会」並びに「レーザー技能士資格試験」の準備を進めています。



LASAの主な目的



LASAの活動、今後の事業計画



会員区分



入会金、年会費については、会規約をご参照ください。




入会を希望される方はこちらをクリック→ 入会申請 [法人] 入会申請 [個人]

** ご質問等ごさいましたら、LASA事務局(TEL:042-310-1610 E-mail:jimukyoku@lasa.gr.jp)までお問合せ下さい。**